レシピ検索

もっと検索
  • ジャンルから探す
  • 素材から探す

ちくわは何でできていますか?

ちくわの種類や作られる地域によって使う魚の種類や材料は違ってきますが、基本的にはグチやエソ、スケトウダラなどを使っています。
お魚の他にはお塩、お砂糖、デンプン、みりんなども使っていますよ!

エソはどんな魚ですか?

エソは、関東ではイソ、イソギス、エソギスなどと呼ばれているけれど、地方によって呼び名が違います。小骨が多い魚なんだけれども、とても旨みがあるので、練製品などに加工される材料としては“最高級”とされています!ちくわの旨みを出すのに重要な魚の一つです。

グチはどんな魚ですか?

グチは、愚痴をこぼすように鳴くことからグチと呼ばれるようになったみたいです。鳴く時に音を共鳴させる器官(石)を持っていることから「イシモチ」とも呼ばれています。ちくわのしなやかなアシ(弾力)を作り出すのに必要とされています。フランス料理で高級食材として重宝されているらしいです。

練り製品は全国で毎年どれくらい生産されていますか?

年間の練り製品の総生産量は439,827トン(2009年)。そのうち90,911トンはちくわ、92,087トンはかまぼこです。
ちなみに、ちくわやかまぼこなどの水産練り製品の購入金額は全国で1人あたり年間3,299円、1世帯当たり約1万円というのが最近の動向みたいです。

全国ではどんなちくわがありますか?

大きく分けると「焼きちくわ」と「茹でちくわ」に分けられますが、広く知られていて種類が多いものは「焼きちくわ」なんです。「焼きちくわ」には豊橋ちくわ以外に、あご野焼きちくわ、豆腐ちくわ、それからぼたんちくわなど他にもたくさんのちくわがあります。

どんなものを「豊橋ちくわ」と呼びますか?

「豊橋ちくわ」は両端を白く、真ん中だけをこんがりと焼き上げたもので、魚本来の旨みが強く、歯応えがあるのが特徴です。

「豊橋ちくわ」は生でも食べられる?

ヤマサちくわの商品は新鮮な魚をふんだんに使用して作られているので、そのまま生でもおいしく食べられます。生ものだから必ず冷蔵保存して下さい。

ちくわはいつからありましたか?

ちくわ、かまぼこの歴史は古く、神功皇后が三韓渡航の途中、九州生田の社で、鉾の先に魚肉をつぶしたものを塗りつけて焼いたものが蒲の穂(がまのほ)によく似ているところから、「蒲穂子」と言われ「蒲鉾」に転じたと伝えられています。この時の蒲鉾の形が、現在のちくわとそっくりであることから、その昔「蒲鉾」といわれていたものが、ちくわの始まりだったようです。

なぜ「竹輪」と書くのですか?

江戸時代において練製品は、大名や旗本といった武士しか食べることが出来なかった高級品でした。しかし、幕末になると下級武士は貧しくなり、その一方で裕福になった商人が練製品等の高級品を食べるようになりました。それをねたんだ武士たちに気がねして、ちくわの切り口が竹に似ているところから、武士にわからないよう隠語として「竹輪」と呼ぶようになったそうです。

ちくわの塩分はどれくらいありますか?

塩分量はちくわの種類によって異なってきますが、ヤマサちくわのちくわに含まれている塩分は約2%。ちなみに、うどんなどの麺類は約2.5%だそうです。

練り製品はダイエットにいいのですか?

ちくわなどの練り製品は低カロリー高たんぱく。というのも、お魚をそのまますりつぶしているから、カルシウムをはじめ栄養満点で、ダイエット中の人にもピッタリなのです!

ちくわのカロリーはどれくらいですか?

ちくわの種類によって変わってくるけれども、ヤマサちくわの「特製ちくわ」だと1本あたり約52キロカロリー、100gあたりで約103キロカロリーです。

ちくわはどんな栄養が含まれていますか?

魚肉を使った練製品には、“DHA”と“EPA”が豊富に含まれています。
“DHA”は学習能力や集中力を高めてくれたり、ボケ防止に効果的といわれております。“EPA”は血液をサラサラにする効果があると言われています。
また、カルシウムが豊富に含まれているだけでなく、カルシウムの吸収を助けるたんぱく質やビタミンDも含まれているから、効率良いカルシウム補給が期待できます。

ページトップへ

ちくまるくん公式twitter フォローしてね

今すぐ、「ちくまるくん」をフォローする!

新着レシピ 新しいアイデア続々登場!

アイコンの見方